メンタルトレーニング

2月 23, 2017 on 2:49 pm | In 野球・ソフトボール, 病気・怪我 | No Comments

今回はメンタルトレーニングについてお話させてください。

・メンタルトレーニングとは?

メンタル・・・精神面、トレーニング・・・練習、訓練

この2つの言葉を組み合わせて作られた言葉だそうです。

今まで息子と一緒に親子で野球を取り組んできた中で、もう1段高いステージに立つ為に!

少年野球の指導者として勉強させていただいている中で自分自身の更なるステップアップに!

そして、今、一緒に野球をしている子供たちが今まで以上のパフォーマンスを発揮する為に! 

改めて書き綴ってみたいと思います。

みなさんも野球やその他スポーツ、生活全般で以下のようにイメージされたことがあろうかと思います。

「どんな選手(人)になりたいのか?」

「その夢を叶えるためにどのように毎日を大切に過ごすのか?」

メンタルトレーニングとは自分が抱く夢に向かって目標設定の方法を見出して、その目標に向かって実行していくものです。

メンタルトレーニングで最も大切なことは誰かにやってもらうのではなく、自分で行うものだということ。

我が国のスポーツ界の伝統として、キツい、厳しい練習を課して、辛い、苦しい経験を積んでメンタルを強化していくという習慣があります。

それ自体を否定するばかりではいけませんが、厳しい練習は選手自らがプラス思考に働いていればこそ!

その練習が活きてくるものではないでしょうか?

そんなプラス思考を養うトレーニングを毎日コツコツ継続していきたいものです。

それでは!もう少しキーワードに沿って、話を掘り進めたいと思います。

・メンタルトレーニングの方法とは?

24時間!どんな時もプラス思考になる会話、言葉遣いで自らを律して、姿勢を正して行動することを心がけます。

すぐに出来ることは普段の生活の中で立ち振る舞いから変えていくことだそうです。

もう1つの方法は集中力を高めること。

集中力はその対象(今回の話で言えば野球!)を「好き」「楽しい」「面白い」と感じるときに高まります。

厳しい練習も明確な目標設定があればこそ!

そこに強い意志が生まれて練習が楽しくなることでしょう。

「楽しい」「もっとやってみたい」この率直な気持ちこそが初心であり、野球やその他スポーツの原点です。

「初心」「原点」は厳しい練習を取り組む中で、きっと出てくるであろう困難を克服していくうえで大切な支えとなります。

・あなたのやる気、動機づけ(モチベーション)とは?

自分の中にある上手になりたくて練習をして高い目標設定を課して達成しようとする気持ち。

これを「内在的・内因的動機づけ」と言います。

もう1つは怒られるから、負けると罰を与えられるから、もしくは勝つと報酬が得られるから達成しようとする気持ち。

これを「外在的・外因的動機づけ」と言います。

どちらのモチベーションも必要だとは思いますが、どちらがより上達し、成功を収められるでしょうか?

答えは出ていると思いますが、絶対的な正解とも言い切れません・・・。

感情のコントロール(セルフコントロール)とは?

セルフコントロールとも言われ、自分の気持ちや感情をコントロールすることを言います。

まずは姿勢を正すことで気持ちを切り替えます。

頭(顔)を上に向けて胸を張ること!

プラス思考にする姿勢や態度をとることから始めます。

そして、身体の姿勢を変えると同時に気持ちの切り替えを行います。

感情のコントロールを行う方法の1つに「サイキングアップ」があります。

心理的ウオーミングアップの1つで、気持ちが乗らないときにどのようにすれば気持ちが高まるのか?高めていけるのか?

円陣を組むなどの方法によって全員で声をかけ合って気合いを入れます。

メンタルトレーニングではこのようなトレーニングをすることにより、本番で最高のパフォーマンスができるようになります。

・イメージトレーニングとは?

その名の通り自分が描く理想の技術や動きをイメージする訓練を言います。

こんなプレーがしたいんだ!という成功のイメージを自分自身に植え付ける準備です。

初心者は新しい技術を身に付けるために行うイメージトレーニング。

上級者は既に獲得している体力や技術を試合で発揮するために行うイメージトレーニング。

イメージトレーニングの1番の方法は練習日誌を記すことだそうです。

・プレッシャーに伴うプラス思考(ポジティブシンキング)とは?

プレッシャーは誰しもが多少なりとも伴うものだと言われております。

プレッシャーとは結果を考えて「不安」「心配」などの「圧迫感」を覚える状態です。

ということはプレッシャーとは自分自身が作り出してしまうものなんですね!

その人の考え方次第でプレッシャーが敵にも味方にもなるということです。

スポーツはミスがつきものです。

「ミスをしたおかげで自分の欠点が発見できた!」

「負けてしまったけど、修正点が見つかった!」

原因を見つけて次に活かそうとプラス思考で考えるようにしたいですよね。

最後に!野球などのスポーツを通して身に付けて欲しいことって、いっぱいあります。

試合で笑うために練習で泣いて、悔しい思いを重ねて、勝利を掴み取ってくれたらうれしいですよね!

スポーツを通してメンタルトレーニングで心身共に鍛えて!

素晴らしい選手になってくれることを期待します。

選手たちの成長こそが指導者のモチベーションであり原点です。

自分を更に律して、成長のお手伝いができる!信頼される指導者になりたいと日々思っております。

アクアリゾート入間の湯

12月 13, 2016 on 8:05 am | In 趣味, 病気・怪我 | No Comments

今回紹介するのはアクアリゾート入間の湯です。

少し腰の痛みが残っていたので行ってきました。

この日は息子と一緒に行っちゃいました。

なんだか親子で風呂に入るもの久し振りのような気がします。

野球の話だったり、学校の話だったり、サウナで勝負をしたり(笑)。

楽しいひとときを過ごせました。

入間の湯

息子もパパも冬のトレーニング期間に突入します。

トキオリお風呂にゆっくりと浸かって体をイタワッテあげましょう。

スポーツで「声を出せ」と言われる本当の理由

10月 6, 2016 on 2:58 pm | In 野球・ソフトボール, 病気・怪我 | No Comments

スポーツの現場で選手が指導者に一度は言われるであろう「声を出せ」

なんで声を出さないといけないの?出さなくってもプレーできるでしょ?

という疑問をお持ちのプレイヤー!保護者の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、今回はスポーツ現場における声出しの重要性や効果、声出しの練習とその目的についてお話させてください。

<声出しの効果>

・声出しの効果は大きく3つに分類されております。

1、実質的効果・・・プレー中における自分の位置や動きの確認、意思表示、サイン伝達などの試合進行に必要な効果を言います。

実質的効果とはチームスポーツにおいて情報の伝達に欠かせないものであり、プレー内容によってはメンバー同士の衝突など危険を生じる場合もあります。

チームとしての統一されたかけ声、応援によって会場全体を巻き込んで一体感を生むという最大の効果も実質的効果によるものです。

2、科学的効果・・・シャウト効果とも呼ばれ、ハンマー投げやウエイトリフティングなどで大きな声を出す、もしくは叫ぶなどの場面を思い浮かべてください。

これは神経による運動能力の抑制を解除して、自分の持っている筋力、能力の限界により近い最大限のパフォーマンスが発揮できる効果です。

もう1つは声を出すことで息を吐き、自然と体幹を安定させ、腹圧を高めてより大きな力を発揮することができるのも科学的効果によるものです。

3、精神的効果・・・自分の発した声により暗示状態に持ち込んでやる気をおこさせる効果です。

精神的効果とは1、2、の外側に向かって出す声出しとはやや違い、自分の精神、いわゆる内側に向かって行う声出しと言われており、ポジティブな言葉を発することで自分に暗示をかけて集中力を引き出すことができる効果です。

「絶対に勝つ」「今日の自分は最高」と口にすることで意識に刷り込んでより高い精神状態で適度なリラックスを生み、理想的なパフォーマンスを実現させるのが精神的効果によるものです。

<声出し練習・目的>

・声出し練習の目的は「習慣化」であると言われております。

いざ試合本番!ここぞという場面では誰しもが緊張を伴い思うように声は出ないものです。

普段の練習から声を出す練習をしておかないとここぞという場面で声は絶対に出ないと断言できます。

普段の練習から習慣化して声出し練習をしよう!

とはいえ、何も考えずにただただ大声を出せばそれで良いのでしょうか?

野球などの団体競技はチームスポーツですので、コミュニケーションを取ることが求められます。

声出しによってチームスポーツとして声出しのルールやマナー、その競技に対する理解を深めて、楽しむこと。

プレー中の相手選手、仲間の選手に敬意を払い叱咤激励をすることで絆を築き上げていくことが大切なのではないでしょうか。

ジュニア期のトレーニングについて

9月 14, 2016 on 6:27 pm | In 野球・ソフトボール, 病気・怪我 | No Comments

まずは断っておきますが、これはあくまでも個人的な見解です。

そうではないんだよなあ?という意見もあろうかと思います。

参考程度に独り言だと思ってお読みいただければと思います。

整骨院でスポーツをしている少年少女を施術しているうえで!

少年野球のアシスタントをしていているうえで!

ジュニア期のトレーニングについては考えなければならないテーマなんです。

そこで今回は「ジュニア期のトレーニングについて」お話させてください。

ジュニア期にトレーニングは必要なのか?

個人的な見解としては「イエス」です。

野球の場合でのボールやバットを使った練習以外、いわゆる筋トレや走り込みなどをトレーニングの定義とさせていただきます。

スポーツをするうえで基礎体力強化、技術の向上、これらが欠かせないのは言うまでもありません。

今回は野球の場合ということで、更に踏み込んで話をさせてください。

まず、野球における「技術の再現性」について。

「技術の再現性」とは何を指すのか?

野球という競技において「投げる」「捕る」「打つ」「走る」など、より高度な「繰り返して同じ動作を再現すること」が求められます。

その再現する動作が安定しているこてで、良い結果を生み出す確率は高まります。

再現する動作を安定させるためには体の軸、体幹をしっかりと保ち、ブレを限りなく無くして同じ動作をすること。

そのうえでパワーアップをして投球、打球、走力を高い次元に持っていくことが求められます。

次に考えるのは、その「技術の再現性」の阻害要因とは何か?

技術の再現性を阻害する要因は大きく2つあります。

・ひとつめは「集中力の低下」。

集中力の低下は技術の再現性の低下だけでなく、スポーツ現場における外傷、すなわち怪我や故障にも繋がる大きな要因です。

ジュニア期の子供たちの集中力をどのように高めていくか?

練習においては反復動作の精度を高く保って取り組むことで集中力は維持、もしくは上がります。

人間は同じことを繰り返すと集中力は落ちると言われております。

反復練習においては回数を予め決めて取り組むこと。

その後、目標回数を増やしていくことで、集中力の持続を高めることができます。

練習内容も同じことばかりでは集中力が低下してしまう傾向にあります。

動きの本質は同じでもアプローチを変えていく、楽しみを加える、勝敗を競う。

それだけでも集中力を高めることはできるでしょう。

・ふたつめは「体力の低下」

野球において、体力の低下による大きな弊害は腰の高さがブレることです。

腰の位置を保つことが野球では特に重要視されております。

打撃の構えからスイングの精度、守備の捕球姿勢や投球動作におけるコントロール。

疲れによって腰の位置が高くなって目線が変わりミスが増える。

目線の変化がすべてのプレーにおいて悪影響を及ぼすことでしょう。

体力、特に腰の位置を保つ体幹と脚力の強化は必須といってもいいでしょう。

ジュニア期のトレーニングについて。

上記の改善、更なる強化を図るには!トレーニングは不可欠だということになります。

これからのジュニア選手の指導の取り組みとして!

トレーニング内容における効果をハッキリと明確に選手に伝えること。

そのうえで選手自身が納得して練習に取り組むこと。

このようなことが大切であり、欠かせないことだと思います。

ジュニア期のトレーニングについて

ジュニアと言われる時期は卒業しました息子は現在!硬式野球チームに通っております。

ライバル達に負けないように今まで以上にトレーニングを積んで欲しいと願っております。

ここから先は自分次第!がんばれタロー!!!

中学生社会体験事業2016

2月 17, 2016 on 5:13 pm | In 病気・怪我, その他 | No Comments

昨日と今日の2日間、地元の中学生をお預かりして社会体験事業のお手伝いをさせていただきました。

毎年恒例となっております社会体験事業はもう何年目でしょうか?

毎年2名の生徒さんと一緒にお仕事をさせて頂くんですね!

今年は割と?真面目でもの静かな男子学生くんたちが頑張ってくれました。

H28中学生社会体験事業(1)

朝のお掃除から仕事は始まります。

表の掃き掃除から始まって、室内清掃、ベッドメイキングまで。

診療前の一通りのルーティンを生徒さんにお願いするのも恒例行事(笑)。

H28中学生社会体験事業(2)

午前診療時間は受付と施術補助を交代で行いました。

2日間通して元気よく、しっかりと患者様へ挨拶ができました。

そんなの当たり前でしょ?

と思われるとは思いますが、その当たり前がなかなかできないもんなんです。

慣れない環境下に置かれて緊張した中でしっかりとできる!

初日は顔が若干引きつっていたようにも見えましたが、2日目は笑顔で対応できていたのが印象的でした。

H28中学生社会体験事業(3)

昼休みを利用して整骨院とは何か?というお話をしました。

他にも各疾患の施術方法や実際に仲間同士での施術を体験してもらいました。

包帯の巻き方や腰部疾患における施術方法なんてのもチャレンジ!

H28中学生社会体験事業(4)

この先!この2日間で教わったこと、感じたことを何かしらの形で役に立ててくれたらいいな?

そう思える今回の社会体験事業でした。

今回来てくれた生徒さん方!おつかれさまでした。

ジュニア期のトレーニングについて

9月 3, 2015 on 6:29 pm | In 野球・ソフトボール, 病気・怪我 | No Comments

このようなテーマのレポートを作成して報告するのはイササカ勇気のいることですが(笑)。

今回はあくまでも個人的な見解としてお読みいただければ!と思います。

整骨院でスポーツをしている少年少女を施術している中で!

少年野球のアシスタントをさせていただいているうえで!

常に考えさせられるテーマなんです。

そこで!今回のテーマは「ジュニア期のトレーニングについて」お話させてください。

ジュニア期にトレーニングは必要なのか?

あくまでも個人的な意見ですが、答えは「イエス」です。

野球の練習以外のいわゆる筋トレだったり、マラソンやダッシュなどの走り込みはもちろん!

ボールやバットを使用せずに行うことをトレーニングの定義とさせていただきます。

スポーツをするうえで基礎体力強化、技術の向上、そしてその競技を好きになること。

これらが欠かせないのは言うまでもありません。

1、野球における「技術の再現性」について。

では「技術の再現性」とは何を指すのか?

野球という競技において「投げる」「捕る」「打つ」「走る」などなど。

より高度な「繰り返して同じ動作を再現すること」が求められます。

その再現する動作が安定していると、良い結果を生み出す確率は高まりますよね!

動作を安定させるためには体の軸、体幹をしっかりと保つこと。

常に体のブレを無くして限りなく同じ動作をすること。

そのうえでパワーアップをして投球、打球、走力を高い次元に持っていくことが求められます

2、「技術の再現性」の阻害。

技術の再現性を阻害する要因は大きく2つあります。

A・・・集中力の低下

集中力の低下は技術の再現性の低下だけでなく、スポーツ現場における外傷、すなわち怪我や故障にも繋がる大きな要因です。

ジュニア期の子供たちの集中力をどのように高めていくか?

練習においては反復動作の精度を高く保って取り組むことで集中力は維持、もしくは上がります。

人間は同じことを繰り返すと集中力は落ちると言われております。

反復練習においては回数を予め決めて取り組むこと。

その後、目標回数を増やしていくことで、集中力の持続を高めることができます。

練習内容も同じことばかりでは集中力は低下する傾向にあります。

動きの本質は同じでもアプローチを変えていく、楽しみを加える、勝敗を競う。

それだけでも集中力を高めることはできるでしょう。

そして、野球を取り組むことで集中力が高まると勉強にも役立つことでしょう。

B・・・体力の低下

野球において、体力の低下による大きな弊害は腰の高さがブレることです。

腰の位置を保つことが野球では特に重要視されております。

打撃の構えからスイングの精度においても、守備の捕球姿勢や投球動作におけるコントロールにおいても言うまでもありません。

疲れによって腰の位置が高くなって目線が変わり、目線の変化がすべてのプレーにおいて悪影響を及ぼすことでしょう。

体力、特に腰の位置を保つ体幹と脚力の強化は必須といってもいいでしょう。

ジュニア期のトレーニングについて

(写真は息子とその仲間たち!)

A、B、共に改善、更なる強化を図るには!トレーニングは不可欠だということになります。

これからのジュニア選手の指導の取り組みとして!

トレーニング内容における効果をハッキリと明確に選手に伝えること。

そのうえで選手自身が納得して練習に取り組むこと。

このようなことが大切であり、欠かせないことだと思います。

野球をはじめ!スポーツを楽しんでいる子供たちのサポートをもっと高次元でお手伝いできればいいな!

中学生社会体験事業2015

2月 19, 2015 on 8:00 am | In 病気・怪我, その他 | No Comments

今週の火曜日&水曜日に地元の中学生をお招きしました。

「川越市中学生社会体験事業」と銘打った企画に賛同したのは、もう随分と昔のような気がします。

今回で6回目となります2名の生徒さん方を預かりまして、世の中の厳しさを教えるもの(笑)。

2日間共に頑張りました。

H27中学生社会体験事業(3)

2日間共に行ったタイムスケジュール。

8:00に集合して診療前に整骨院のお掃除から始まります。

9:00から12:00まで午前診療の受付業務及び施術補佐。

診療時間内では実際に患者さんと接して、笑顔で挨拶、補助をしてくれました。

昼食後は整骨院の休み時間を利用して勉強会を行いました。

H27中学生社会体験事業(4)

まずはお約束のお掃除。

ベッドをフキフキしてのベッドメイキング。

掃除機での床掃除&モップがけ。

その他にも各所のお掃除もしてもらいました。

H27中学生社会体験事業(1)

治療機器を体験してもらうのも大きな仕事の1つ。

我が院のオートヘルサーと言われるマッサージベッドは気持ちいい?

電気治療機器ではビリビリと驚く一幕も(笑)。

H27中学生社会体験事業(2)

1日目のお勉強会では日本の医療制度のお話と捻挫の治療法について。

座学のあとは実際に包帯を巻いてみました。

うんうん!上手に巻けていますね!

因みに1枚目の手首の包帯巻きはオイラのお手本です(笑)。

H27中学生社会体験事業(5)

2日目のお勉強会は野球部の生徒さんがいらしていたので野球障害についてお話しました。

「野球肘」「野球肩」「野球に伴う腰の痛み」などの話に動作を交えながらの熱い講義。

生徒さん方も熱心に耳を傾けてくれました。

そして最後はお約束の施術の練習です。

とっても上手になりました。

2日間を通して!今年も生徒さん方が一生懸命、笑顔で頑張ってくれました。

来年はどんな生徒さんが来てくれるかな?

自由診療(保険外診療)半額キャンペーン

1月 30, 2015 on 7:37 am | In 病気・怪我, その他 | No Comments

自由診療(保険外診療)半額キャンペーン実施中!

新年より3月31日までの期間限定で自由診療の半額キャンペーンを行っております。

初回の方限定!30分2500円を半額の1250円!

12:00からと19:00からです。

お電話にてご予約を受け付けております。

よろしくお願いします。

自由診療(保険外診療)半額キャンペーン

今朝は雪が降ってきちゃいました。

足元にお気を付けいただき、怪我をしないようにご注意ください。

冷湿布と温湿布の違いについて

1月 26, 2015 on 8:22 am | In 病気・怪我 | No Comments

今回は先日、患者さまからご質問を受けました冷湿布と温湿布の違いについてお話させてください。

取り急ぎ文章を乱雑に構成しましたので、ご了承ください(笑)。

湿布とは局所の炎症を抑え、痛みを和らげる作用があります。

湿布は皮膚から薬の成分を吸収させ、痛みのある部分にだけ作用します。

飲み薬と違って全身に作用しない分、副作用が少なく体にやさしい治療法と言えますね!

一般的に皮膚に貼った際に温度が下がるものを「冷湿布」。

皮膚の温度が上がるものを「温湿布」と呼びます。

冷湿布は局所への刺激作用や清涼感を持つメントールなどを配合しています。

これらの成分は冷たさを感じる神経を刺激してひんやりとした感覚を与えてくれます。

また水分を含んだ冷湿布の場合は体表面の温度を少し下げる効果があります。

温湿布は通常の冷湿布にカプサイシンなど局所の血流を活発にする物質を配合。

皮膚の温度を上昇させるようにしたものです。

しかし!温度上昇の効果はごくわずかで、残念ながら深部まで温めるほどの作用はありません。

そして冷湿布と温湿布の使い分けについて。

いずれも同じ消炎鎮痛剤を用いているので、薬としての効果、作用は同じなんです。

冷感と温感のどちらが気持ちよいか?好みで使い分けてもらって構いません。

貼る時間は概ね6時間程度で気持ちよいと感じる間が適切ですが、個人差があります。

体にやさしいとは言え、副作用の危険性もありますので十分注意して下さい。

詳しくは、当院までご相談ください。

自由診療(保険外診療)半額セール

1月 9, 2015 on 7:52 am | In 病気・怪我, その他 | No Comments

今日は整骨院の宣伝をさせてください。

今月より3月31日までの期間限定でキャンペーンを行います。

初回の方限定で自由診療(保険外診療)30分コース

2500円を半額の1250円とさせていただきます。

昼12:00から

夜7:00から

事前のお電話によるご予約をお願いします。

保険外診療半額!

同じ町内のプロの漫画家さんに作成して貰いました。

すごいでしょう(笑)。

小川さん!ありがとうございました。

次のページ »

Powered by WordPress with Pool theme design by Borja Fernandez.
Entries and comments feeds. Valid XHTML and CSS. ^Top^