腰痛について

12月 19, 2013 on 7:02 pm | In 病気・怪我 |

今回は腰痛についてお話させてください。

そもそも腰痛とは?

医学的には特に原因となる病気がなく、X線撮影検査などを行っても異常がみられないのに腰部が痛むケースの総称です。

スポーツや日常生活動作などにより強い負荷が腰部に加わることにより、筋肉、筋膜などの軟部組織に損傷や炎症が生じる症状をいいます。

過度な運動の継続、デスクワークなどによる筋疲労によっても腰痛は起こります。

腰部の軟部組織の損傷及び炎症が時間が経つにつれて拘縮、筋力低下などをおこし、血行障害とともに神経を刺激して腰痛を引き起こします。

他にも内科、婦人科、泌尿器科などの様々な疾患が原因で腰痛を起こすことが考えられるため注意が必要です。

予防としましては、日常生活、仕事などにおいて正しい姿勢、動作の保持が大切となります。

筋力低下(腹筋、腹斜筋、背筋群)も大きな原因のひとつですので、適度な運動(腹筋運動、背筋運動、ストレッチ)を行い、腰痛の予防、再発を防ぎましょう。

ジョナサン1 

先日ジョナサンで食べたぜんざいです。

美味しかったなあ(笑)。

No Comments yet

TrackBack URI

現在コメントフォームは利用できません。

Powered by WordPress with Pool theme design by Borja Fernandez.
Entries and comments feeds. Valid XHTML and CSS. ^Top^