油温計

5月 24, 2007 on 8:11 am | In バイク |

今回は我が愛車GSX1400の油温計についてお話します。
エンジンは運転中、とても高熱になる為に冷却する必要があります。
エンジンの冷却方式には、水で冷やす水冷方式、空気で冷やす空冷方式、オイルで冷やす油冷方式があります。
GSX1400のエンジンは油冷方式で、オイルでエンジンの熱を冷やします。
そこで、オイルの温度管理が重要となります。
というわけで、早速油温計の装着です。
取り付けはいつものプラスワンさんでお願いしました。
GSX1400油温計
ご覧のようにメーターまわりにスッキリと装着できました。
エンジンオイルのドレンのところにセンサーを取り付けます。
特にこれからの季節、夏の高温時のエンジンの熱ダレの確認に効果を発揮します。
エンジンの熱は高温でも、走りはCOOLに!が鉄則。
GSX1400ハンドルまわり
ハンドルのブルーと油温計のステーのブルーがカスタムチックで良いでしょ!
ちなみに、ハンドルはハーディー製のアップバーのブルー。
グリップはデイトナ製のホットグリップ。
冬でも暖かく寒さ知らずの一品。
ちなみに、キーホルダーは“大黒柱”です。
GSX1400

いい季節がやってきました。

今度は何処まで行ってこようかな?

No Comments yet

TrackBack URI

現在コメントフォームは利用できません。

Powered by WordPress with Pool theme design by Borja Fernandez.
Entries and comments feeds. Valid XHTML and CSS. ^Top^