久保田スラッガーグラブ アタッチメントグリス交換

3月 7, 2011 on 5:16 pm | In 野球・ソフトボール |

先日、久保田スラッガーのグラブのウエブ交換のお話をさせて頂きました。
今度はそのグラブのアタッチメントグリス交換にチャレンジしてみました。
初めての経験なので、どんな感じになるのか?
アタッチメントグリス交換(1)
ウエブを昨年のジャイアンツ坂本選手と同じエッジ機能付きバスケットウエブ仕様に変更してグレードアップ。
使い心地も良くて素晴らしいのですが、ヤフオクにて中古品をゲットした為、経年劣化により少々柔らかくなってしまいました。
ヘナヘナになった時にアタッチメントグリスを入れるといいよ!って聞いていたのでトライしてみることに!
アタッチメントグリス交換(2)
手口の革紐を取り外すと中はこんな風になっているんですね!
確かに捕球面と裏地面の間にグリスらしきものは残っているものの、ほとんどその形跡はなし(笑)。
そういうものなんだ!
1~2年使用すると、大抵グリスは無くなってしまうそうです。
アタッチメントグリス交換(3)
そこで、今回BBAというグラブメーカーから取り寄せたアタッチメントグリスを塗り込んでみましょう。
触ると結構硬いので、パンのバターのヘラを使っていきます。

話はズレるのですが、最近このBBAというメーカーに興味がありまして、1度使ってみたいな!と思っている所。

知人のBBAグラブを見させてもらったら、革もしっとりしていて良かったですもん(笑)。
アタッチメントグリス交換(4)
アタッチメントグリスは固形なので、ドライヤーを軽く当てながら熱を利用して適量塗っていきます。

この適量ってのが全然分かりません・・・。
プロの技には程遠いのですが、まんべんなく塗れたかな?
まっ、こんなもんでしょ(笑)。
アタッチメントグリス交換(5)
塗り終えたら木製ハンマーで叩いて型を再形成します。
ある程度形が整ったら手口の革紐を結び直します。
当然新品の革紐で仕上げます。

少し塗り過ぎてしまい、革紐の穴からニュルっと出てきてしまったのはご愛敬(笑)。
アタッチメントグリス交換(6)
どうですか?なかなか上手でしょ!もう慣れたもんです。
勿論、手口は逆巻きにしました。
小指の付け根部分は少しアレンジしてみました。
分かる人には分かる、マニアックな改造にニンマリです(笑)。

No Comments yet

TrackBack URI

現在コメントフォームは利用できません。

Powered by WordPress with Pool theme design by Borja Fernandez.
Entries and comments feeds. Valid XHTML and CSS. ^Top^